指切りげんまん/ゆびきりげんまん

指切りげんまんの意味

指きりげんまんとは、約束を必ず守る証として、互いの小指を曲げ絡み合わせて誓うこと。「指きり」とだけ言うこともある。子供の場合は「指きりげんまんついたら針千本飲ます」と歌うように唱ることが多い。

指切りげんまんの由来・語源

指切りげんまんの「指切り」は、遊女が客に愛情の不変を誓う証として、小指を切断していたことに由来する。
やがて、この「指切り」が一般にも広まり、約束を必ず守る意味へと変化した。
指切りげんまんの「げんまん」は、漢字で「拳万」と書く。
約束を破った時は、握りこぶしで1万回殴る制裁の意味で、「指切り」だけでは物足りず、後から付け足されたものである。
「げんまん」と同様に、「針千本飲ます」も後から付け足されたものである。
「針千本」はの「ハリセンボン」とする説もあるが、魚の「ハリセンボン」であれば「食わせる」と表現されるべきで、全くの俗説である。
これはそのまま、針を千本の意味と捉えればよい。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。