濡れ衣/ぬれぎぬ

意味

濡れ衣とは、無実の罪。根も葉もない噂。「濡れ衣を着せる」や「濡れ衣を着る(着せられる)」と使われる。

濡れ衣の由来・語源

濡れ衣は、雨水や海水などに濡れた衣服のことで、元々は文字通りの意味であった。
「無実の罪」の意味として、濡れ衣が使われ始めたのは平安時代頃である。
濡れ衣の語源は諸説あるが、次の順で有力とされ、四番目の説はただの駄洒落と考えられる。

1.継母が先妻のの美しさを妬み、漁師の濡れた衣を寝ている娘の枕元に置いた。
そのため、漁師との関係を誤解したが、娘を殺してしまったという昔話説。

2.海人(あま)は皆濡れ衣を着ており、水中に潜ることを「かずく(潜く)」、損害や責任を他人に負わせることを「かずける(被ける)」という。
そこから、「かずく(潜く)」と「かずく(被く)」を掛けたとする説。

3.濡れた衣服が早く乾けば無罪、乾かなければ有罪とする、の意思を受ける裁判がかつて存在したと考え、その神事に由来する説。

4.「無実」は「実が無い」と書くことから、「みのない」が「蓑無い」となり、雨具として使われるが無いと衣が濡れるため、「無実」を「濡れ衣」と呼ぶようになったとする説。

「濡れ衣」の類語・言い換え

1

2

TOP