ガセ/がせ

    意味

    ガセとは、物。まやかし物。

    ガセの語源・由来

    ガセは、元々テキ屋の隠語として使われていた言葉で、1915年の『隠語輯覧』に見られる。
    ガセの語源は「お騒がせ」の「がせ」で、本物ではないのに人騒がせな物ということから、「偽物」の意味となったのであろう。
    でたらめな情報を意味する「ガセネタ(がせねた)」は、1929年の隠語の集成『香具師奥義書』に見られ、「ガセ」と同じく古くはテキ屋の隠語であった。
    1990年代後半には、パットなどで大きく見せたの意味で「ガセぱい(「ぱい」は「おっぱいの略」)」が若者用語として使われるなど、「ガセ◯◯」と合成語を作って用いることも多い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。