松ぼっくり/松毬/まつぼっくり

意味

松ぼっくりとは、松笠。の木の実。

松ぼっくりの由来・語源

松ぼっくりは、「松ふぐり」が転じた語。
ふぐり」は「精巣」「睾丸」のことで、形が睾丸に似ていることから、こう呼ばれる。
松ぼっくりの漢字は、一般的に「松毬」と書くが、「ふぐり」の当て字に使われる「陰嚢」を用い、「松陰嚢」とも表記される。
「陰嚢」を「いんのう」と読む場合は「睾丸」を指すが、「ふぐり」と読む場合は「松ぼっくり」を指していることもある。


TOP