高知県/こうちけん

高知県の意味

高知県とは、四国地方南部の県。県庁所在地は高知市。成立は明治4年。

高知県の由来・語源

高知の地名は、土佐藩山内氏の城下町名に由来するが、下記の通り、「河中山」から「高智山」「高智」「高知」へと変化した名である。
慶長8年(1603年)、山内一豊が入城した際、大高坂山城(現:高知城)が鏡川と江の口川に囲まれた地にあったことから、真如寺の僧 在川によって「大高坂山城」から「河中山城(こうちやまじょう)」と改名された。
しかし、この地は洪水が多く、第二代藩主の山内忠義が「河中」の字を嫌ったため、慶長15年(1610年)、竹林寺の僧 空鏡によって「高智山城」と改名された。
のちに「山」が省略されて「高智城(高知城)」となり、城下町名も「高知」となった。

高知県のシンボルと市町村名

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。