瀬戸際/せとぎわ

瀬戸際の意味

瀬戸際とは、勝負・成否・生死の分かれ目。剣が峰

瀬戸際の語源・由来

「瀬戸」は「狭門(せと)」の意味で、両側の陸地が接近してが狭くなっている所。
古くは「せど」とも言い、「瀬戸」と表記されるようになったのは近世以降である。
「際」は境界となるところ、境目の部分を意味する言葉で、瀬戸際は「狭い海峡と海との境目」が本来の意味である。
そこから、重要な分岐点・物事の分かれ目などを「瀬戸際」というようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。