冗談/じょうだん

    意味

    冗談とは、ふざけて言う。たわむれに言う話。

    冗談の由来・語源

    冗談の語源は、二通りの説がある。
    ひとつは、ありふれた話を意味する「常談(じょうだん)」が転じて無駄話の意味となり、無駄であるという意味の漢字「冗」が当てられ「冗談」になったとする説。
    もうひとつは、笑いながら楽しそうに話す意味の「笑談(しょうだん)」が転じたとする説である。
    江戸中期の浮世草子『世間手代気質』では、「冗談」を「串戯(じゃうだん)」と書き、無駄話をしてサボる意味として使われた例があり、はやや広い意味や用法で使われていたと考えられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。