エンゲル係数/エンゲルけいすう

エンゲル係数の意味

エンゲル係数とは、家計の消費支出に占める食料費の割合。この割合が高いほど生活水準は低いとされる。

エンゲル係数の由来・語源

エンゲル係数は、1857年、ドイツの統計学者エルンスト・エンゲルが発表した論文に由来する。
食費は極端な節約が難しく、家計の中でもほぼ一定していることから、収入が多いほど生活費中の食費の割合が低いという統計的法則をエンゲルは発見した。
彼の名前から、この法則を「エンゲル法則」。その割合を「エンゲル係数」というようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。