全く/まったく

意味

全くとは、完全に。すっかり。決して。全然。まるっきり。本当に。実に。

全くの由来・語源

全くの語源は、「完全である」「完璧である」という意味の形容詞「まったい(全い)」。
その連用形が副詞として使われ、「まったく(全く)」となった。
まったいは、形容詞の「またい(またし)」が中世に促音化した語である。
元々は、命や肉体が「完全」「健全」であるという意味で使われていた。
「まどか(円か)」が古くは「まとか」と清音で、欠けるところがないさまを表していることから、「まったい」の語源は「まどか」、もしくは「まどか」と同根と思われる。


TOP