名字/苗字/みょうじ

意味

名字(苗字)とは、その家に代々伝わる名。姓。家名。

名字/苗字の由来・語源

みょうじは、元来「名字」と書いた。
平安中期頃から、武士などが「名田(みょうでん)」にちなんだ「あざな)」を作るようになったことから、「名田の字」で「名字」となった。
「苗字」の表記は江戸時代以降で、「苗」の字は「苗裔(びょうえい)」の意味からである。
江戸時代には「苗字」でほぼ固定してきたが、『苗字帯刀』によって武士と一部の庶民を除き、名乗ることが許されていなかった。
平民の使用が許されたのは、明治3年(1870年)の『平民苗字許可令』であるが、当時の国民は政府を信用していなかったため、苗字をつけることで余分に課税されるのではないかと警戒し、名乗る者は少なかった。
すべての国民が名乗るようになったのは、明治8年(1875年)、名乗ることが義務付けられた『平民苗字必称義務令』による。


TOP