ダイヤモンド/diamond

ダイヤモンドの意味

ダイヤモンドとは、炭素の同素体の一。純粋なものは無色透明。天然物質の中で最も硬い。宝石・研磨材・切削工具などに用いる。4月の誕生石。金剛石。ダイアモンド。ダイヤ。

ダイヤモンドの語源・由来

ダイヤモンドの語源は、その硬さに由来する。
ダイヤモンドは、天然の物質の中で最高の硬さを誇ることから、「何にも征服できない」を意味するギリシャ語で「adamazein」と呼ばれた。
「adamazein」の「a」が否定辞、「damazein」は「征服する」という意味である。
「adamazein」がラテン語で「adamant(硬い石)」となり、「a」が取れて「diamond(ダイヤモンド)」に変化した。
ダイヤモンドがヨーロッパに広まる以前の文献に「adamas(アダマス)」の名が出てくるが、ダイヤモンドを指している訳ではなく、硬い石を指した呼称と考えられている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。