稲妻/いなずま

稲妻の意味

稲妻とは、空中電気の放電によってひらめく火花。稲光(いなびかり)。稲魂(いなたま)。稲交接(いなつるび)。

稲妻の由来・語源

稲妻は、「の夫(つま)」の意味から生まれた語。
古代、稲の結実時期にが多いことから、雷光が稲を実らせるという信仰があった。
そのため、稲妻は「稲光」「稲魂」「稲交接」とも呼ばれ、に「稲」が付けられる。

稲妻の「つま」は、古くは夫婦や恋人が互いに相手を呼ぶ言葉で、男女関係なく「」「」ともに「つま」といった。
雷光が稲を実らせるという信仰から、元来は「稲の夫」の意味である。
しかし、現代では「つま」に「妻」が用いられるため、「稲妻」になった。

語源的に考えれば「稲妻」と「雷」の違いは、「稲妻」が「光」で、「雷」が「」である。
語源を考慮しなかったとしても、「雷」は雲と雲との間、または雲と地面の間に起こる放電現象の全てを意味し、「稲妻」はその放電によって起こる光のみを指す。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。