カミナリ/雷/かみなり

意味

かみなりとは、雲と雲との間、あるいは雲と地面の間に起こる放電現象。いかずち

かみなりの語源・由来

かみなりは、「鳴り」が語源である。
の姿でふんどしを締め、背負った太鼓を打ち鳴らす雷神(雷様)は、現代では空想上のものとされているが、は、本当に神がかみなりを鳴らすと信じられていたため、「かみなり(神鳴り)」と呼ばれるようになった。
「かみなり」は中世以降にが広く使われるようになった語で、それ以前は「なるかみ」や「いかづち」が一般的であった。

かみなりの類語・言い換え

放電現象のかみなり

いかずち/鳴る神/雷鳴/雷(らい)/天雷/雷公/雷声/天鼓/光る神/ごろごろ様/ごろごろ/サンダー/電霆/稲妻/稲光/稲つるび/電光/紫電/稲魂/百篝/サンダーボルト/ライトニング/ライトニングボルト/閃電/電閃/電影/飛電/霹靂/神解け/雷電/落雷/雷撃/急雷/疾雷/迅雷/遠雷/初雷/春雷/界雷/前線雷/熱雷/気団雷/万雷/百雷

雷を起こす神

雷神/雷様/ごろごろ様/雷電様/雷公/はたはた神/光の神/光る神/菅原道真

比喩的に叱責することの雷

叱責/叱咤/お叱り/お咎め/譴責/一喝/大喝/お目玉/大目玉/苦言/小言

TOP