お駄賃/おだちん

お駄賃の意味

お駄賃とは、簡単なことを頼んだときに、その労力に対して与える賃金。特に、子供が手伝いなどをしたに与える菓子

お駄賃の由来・語源

元は荷物や人を駄馬に乗せて運ぶ際の運賃のことを「駄賃」と言い、運賃をとって荷物を運ぶのことは「駄賃馬(だちんうま)」と言った。
馬に乗せて運ぶだけの仕事に対する賃金の意味から転じ、簡単な仕事に対して支払う報酬を「駄賃(お駄賃)」と言うようになった。
ちょっとした仕事に対する報酬の意味で「駄賃」が使われ始めたのは、江戸時代からである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。