縁側/えんがわ(魚)

意味

えんがわとは、ヒラメカレイの背びれ・尻びれの付け根にあるのひれの基部にある骨。担鰭骨(たんきこつ)。

えんがわの由来・語源

ヒラメやカレイの付け根の部分を「えんがわ」と呼ぶのは、その形状が日本家屋の「縁側」に似ていることに由来する。
一般に「えんがわ」と言えば、ヒラメやカレイを思い浮かべるが、マグロのえんがわもある。
また、寿司屋で「えんがわ」と言えば、ふつうはカレイではなく、ヒラメのものを指す。
しかし、ヒラメのえんがわは、一尾から四貫分しかとれない貴重な部位なので、回転寿司屋では仕入れ単価を下げるため、カラスガレイやオヒョウなど、カレイのえんがわが使われている。


TOP