月並み/つきなみ

意味

月並みとは、ありふれていてつまらないこと。平凡なこと。月次。

月並みの語源・由来

月並みは、元々「毎月」「ごと」「毎月決まって行うこと」などを意味する語であった。
そこから、和歌・連歌・俳句などで行うなう月例の会を「月並みの会」と言うようになり、俳句の世界では「月並俳諧」という語も生まれた。
月並みが「平凡でつまらないこと」を意味するようになったのは、正岡子規が俳句革新運動で、天保期以後の決まりきった俳諧の調子を批判して、「月並調(月並俳句)」と言ったことによる。

「月並み」の類語・言い換え

1

2

TOP