月並み/つきなみ

意味

月並みとは、ありふれていてつまらないこと。平凡なこと。月次。

月並みの語源・由来

月並みは、元々「毎月」「ごと」「毎月決まって行うこと」などを意味する語であった。
そこから、和歌・連歌・俳句などで行うなう月例の会を「月並みの会」と言うようになり、俳句の世界では「月並俳諧」という語も生まれた。
月並みが「平凡でつまらないこと」を意味するようになったのは、正岡子規が俳句革新運動で、天保期以後の決まりきった俳諧の調子を批判して、「月並調(月並俳句)」と言ったことによる。

月並みの類語・言い換え

平凡なことの月並み

月並調/凡庸/平凡/平々凡々/ごく平凡/平凡陳腐/凡下/平々/平/平俗/凡/おおよそ/凡俗/俗/マンネリ/マンネリズム/ベタ/ありきたり/ありがち/在来/ありふれる/ありふれた/よくある/変哲もない/何の変哲もない/どこにでも転がっている/紋切り型/型にはまる/似たり寄ったり/並/並々/人並み/十人並み/世間並み/並大抵/並やか/有り体/ポピュラー/一般/一般的/世俗的/世間的/標準的/平均的/画一的/普通/通常/常/尋常/尋常一様/常套/常軌/常道/一通り/並一通り/常並/凡常/世の常/常体/一様/千篇一律/当たり前/通途/通俗/中/中位/中程/中分/中品/無難/陳腐/陳套/旧套/庸劣/凡愚/つまらない/可もなく不可もなく/可もなく不可もなし/庸/古い/古臭い/珍しくない/新鮮味がない/新鮮でない/凡作/散文的/没個性/無個性/個性がない/特徴がない/掻き紛る/掻い紛る/直々し/地を打った/ありべかかり

定期的に行われる月並み

月次/月例/マンスリー/毎月/月々/月毎/各月/例月/連月/累月/月極

TOP