カラオケ

意味

カラオケとは、の伴奏だけを録音した楽曲を再生・操作する装置。また、その伴奏に合わせて歌うこと。

カラオケの由来・語源

カラオケの語源は、「空(から)」と「オーケストラ」を組みわわせた「空オーケストラ」の略である。
元々はバンドマンの俗語で、「空オケで練習しよう」などと「歌手抜き」の意味で使われていた。
この「空オケ」が、一般にも「カラオケ」として広まった。

カラオケは、1970年、素人が歌いやすいようにアレンジした「8トラックカラオケテープ(通称8トラ)」を太洋レコードが発売したことに始まる。
翌71年、クレセント創業者の井上大佑が、スプリングエコー、コインタイマー内蔵のマイク端子付き8トラックプレーヤーを手作りで製作し、弾き語りの伴奏テープ10巻をセットにして、スナックなどにレンタルしたのが、現在のカラオケの原型になったとされる。


TOP