強ち/あながち

意味

あながちとは、下に打ち消しの語を伴ない、断定しきれない気持ちを表す。必ずしも。一概に。まんざら。

あながちの語源・由来

あながちは、本来「強引なさま」「身勝手なさま」を示す形容詞として用いられた語である。
それが「あながち悪くはない」「あながちとは言い切れない」など、打ち消しを伴なった形で使うようになり、「必ずしも」や「一概に」を意味する副詞用法となった。
自分勝手に物事を押し通すさまが原義であることから、あながちの「あな」は「おのれ(己)」の意味で、「あな(己)」+「かち(勝ち)」と考えられている。

TOP