未曾有/未曽有/みぞう

未曾有の意味

未曾有とは、いまだかつてないこと。きわめて珍しいこと。

未曾有の由来・語源

未曾有は、「奇跡」を意味するサンスクリット語「adbhuta」が漢訳された仏教用語。
元々は、の功徳の尊さや、神秘なことを賛嘆した言葉として用いられた。
日本では、未曾有が「未だ曾て有らず(いまだかつてあらず)」と訓読され、本来の意味で使われていた。
しかし、鎌倉末期には原義が転じ、善悪の両方の意味で用いられるようになった。
現代では「未曾有の災害」や「未曾有の事件」というように、悪い意味で用いられることの方が多く、良い意味で使われることが稀となっている。

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。