申/さる/申年/さるどし

意味

申とは、干支(十二支)の9番目。年・・時刻などにあてる。方角の名で「西南西(西から南へ30度の方角)」。旧暦7月の異称。、次は
申年とは、西暦年を12で割った際、余りが出ない

申/申年の語源・由来

漢字の「申」は、稲妻を描いたもので、「電」の原字である。
それが、「臼(両手)」と「|印(まっすぐ)」の形となり、でまっすぐ伸ばすことで、「伸(のばす)」の原字となった。
『漢書 律暦志』では「申堅」とし、が伸びきり、果実が成熟して堅くなっていく状態を表すと解釈している。
この「申」を「サル」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

申/申年の類語・言い換え

干支の申

壬申/甲申/丙申/戊申/庚申/十二支/地支/日読み/干支

方角の申

西南西

陰暦7月の申

申月/申の月/建申月/7月/July/文月文披月七夜月七夕月愛逢月/涼月/女郎花月/めずら花月/蘭月/桐秋/秋初月/親月/相月/初秋/新秋/孟秋/餞月/袖合月/盆秋/夷則

その他の十二支

子年丑年寅年卯年辰年巳年午年未年酉年戌年亥年

TOP