卯/う/卯年/うどし

意味

卯とは、干支(十二支)の4番目。年・・時刻などにあてる。方角の名で「」。旧暦2月の異称。、次は
卯年とは、西暦年を12で割った際、余りが7となる。うさぎ年。

卯/卯年の語源・由来

漢字の「卯」は、門を無理に押し開けて中に入り込むさまを表した字で、「冒(おかす)」と同系の語。
『漢書 律暦志』では、「おおう」を意味する「冒」で、が伸び出て地面を覆うようになった状態を表すと解釈されている。
『史記 律書』では、「茂(ぼう・しげる)」の意味で、若葉が茂ってきた状態としている。
この「卯」を「うさぎ」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

卯/卯年の類語・言い換え

干支の卯

うさぎ年/丁卯/己卯/辛卯/癸卯/乙卯/十二支/地支/日読み/干支

方角の卯

陰暦2月の卯

卯月(ぼうげつ)/卯の月/建卯月/2月/February/如月/更衣/衣更着/令月/梅見月/梅つ月/梅つ五月/花朝/初花月/小草生月/木の芽月/雪消月/雪解月/恵風/夾鐘/仲春/仲陽/仲の春/降婁

その他の十二支

子年丑年寅年辰年巳年午年未年申年酉年戌年亥年

TOP