草/くさ

草の意味

草とは、植物で地上に現れている部分が柔軟で、木質の部分が発達しないもの。草本(そうほん)。ネット用語で、笑い。面白い

草の語源・由来

草の語源は、「カサカサ」「グサグサ」といった音からとする説や、「」から分化したとする説。
「クサフサ(茎多)」の約略や、毎年枯れることから「腐る」の意味など諸説あるが、どれも説得力に欠ける。
「く」は「」が「コ」「キ」「ク」と母音変化することから、「茎」の「く」と同じく「木」を表したものと考えられる。
「さ」は接尾辞「さ」で、が硬くて大きく真っ直ぐなのに対し、草は柔軟で短いことから、木と区別するために加えられたものであろう。

ネット用語の「草」は、元々「(笑)」と書いていたものが変化を繰り返した結果である。
海外ゲームでローマ字入力しかできない、「笑」を「warai」と表記するようになり、短縮されて「w」と書くようになった。
その後、笑いの度合いを「w」の数で表すようになったことで、「wwwww」などは草原のように見えることから、「マジ笑える」の意味で「マジ草生える」と表現されるようになり、「草」が「笑」を意味する文字となった。

「草」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。