カンツォーネ/canzone

    意味

    カンツォーネとは、イタリアの大衆歌謡の総称。

    カンツォーネの由来・語源

    カンツォーネは、「」「歌謡」を意味するイタリア語「canzone」からの外来語。
    「canzone」はフランス語の「シャンソン」と同源で、「歌う」「賛美する」「合図する」などを意味するラテン語「canto」に由来する。
    古くイタリアでは、カンツォーネが「世俗詩」や「ソナタ」、「叙情的な歌曲」「器楽曲」など様々な意味で用いられた。
    日本では特に、1950年代以降に流行したナポリ地方のポピュラーソングを指して、「カンツォーネ」と呼ぶことが多い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。