米/こめ

    意味

    米とは、の種子からもみ殻を取り除いたもの。日本人の主食となる穀物。

    米の由来・語源

    米の語源は、「こめる(籠める)」の連用形が名詞化したとする説が有力となっている。
    古く、米は「ヨネ」の使用例が多く、「コメ」の語は使用例が少ない。
    「コメ」の語が多く用いられたのは、改まった儀式の場であったことから、米には神聖なものや生命力のようなものが宿っており、「籠められたもの」の意味で「コメ」になったといった解釈もある。
    平安中期以降、「ヨネ」は古語として扱われ、「コメ」が多用されるようになった。
    米の語源で「こめる(籠める)」に次いで有力とされている説は、の醸造を意味する朝鮮語「コメン(コム)」の変形とする説である。
    酒の醸造法は朝鮮から伝来したといわれ、「醸す」も「カム」「コム」と繋がりがある。
    ベトナム語の「コム」やタミル語の「クンマイ」なども、米の語源と考えられており、アジアをひとつの国と考えれば、当然の繋がりとも考えられるが、発音の似た言葉で確実に語源が異なる言葉も多くあるため、偶然の一致とも考えられる。
    その他、「小実(コミ)」や「小目(コメ)」が転じたとする説もあるが、上代特殊仮名遣いにおいて「米」の「コ」と「小」の「コ」では仮名遣い異なるため、有力とされていない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。