エゴマ/荏胡麻/えごま

    意味

    エゴマとは、シソ科の一年草。全体にシソに似る。ゴマに似た種子からをとる。

    エゴマの由来・語源

    エゴマの「ゴマ」は、種子がゴマのに似ているところから。
    エゴマの「エ」には、油をとるところから「え(得)」と、味が良い意味で「え(良)」の説があり、前者が有力とされている。
    しかし、エゴマの油を料理に用いる際は、「アメゴマ」や「ウマゴマ」とも呼ばれている。
    「アメ」や「ウマ」は「うまい」の意味なので、味が良い意味の「良」の説が妥当であろう。
    エゴマの漢字「荏胡麻」の「荏(ジン・ニン)」は、種を柔らかく包み込んだ植物の意味で、和語である「エゴマ」の語源とは関係ない。
    エゴマの油は、「エゴマ油」「荏油(じんゆ)」「荏の油(えのあぶら・えのゆ)」と呼ぶ。
    菜種油が量産されるまでは盛んに栽培され、料理に用いるほか、油紙や雨傘に塗ったり灯油などに使われた。
    エゴマのは独特の香りがあり、日本人には好まれていなかったが、韓国料理が普及したことで見直されてきている。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。