飛兎竜文/ひとりゅうぶん

    意味

    飛兎竜文とは、才能のあるすぐれた子供。「」は「りょう」、「文」は「もん」とも読む

    飛兎竜文の由来・語源

    「飛兎」と「竜文」は共に、の速い優れた、駿馬の名前である。
    才知のすぐれた子供をそのような駿馬に喩え、「飛兎竜文」と表すようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。