牙城/がじょう

意味

牙城とは、城中で主将のいる所。城の本丸。敵の本陣。組織・勢力などの中枢。本拠。

牙城の由来・語源

牙城の「牙」は、牙旗の意味。
牙旗とは大将の旗のことで、と牙で身を守るのを模し、旗竿のを象牙で飾りつけるところからいう。
その牙旗が城の内郭で大将のいる所に立てられたことから、本丸・本陣・本拠地を「牙城」と言うようになった。
そこから、大きな組織などの中枢のたとえにも、「牙城」が用いられるようになった。


TOP