二の句が継げない/にのくがつげない

    意味

    二の句が継げないとは、驚いたり、あきれたりして次の言葉が出ない。

    二の句が継げないの由来・語源

    二の句が継げないの「二の句」とは、雅楽の朗詠で三段階あるうちの二段目の句のこと。
    一段目は低音域、二段目は高音域、三段目は中音域で、二の句は高音域である。
    高音のまま詠じ続けて、息切れしやすく難しいことから、声に出せないさまを「二の句が継げない」と言うようになった。
    朗詠の用語としては古くから見られるが、「二の句が継げない」という表現は江戸時代以前の文献に例が見られず、有島武郎の『或る女』が初ではないかといわれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。