アメダス/AMeDAS

アメダスの意味

アメダスとは、気象庁の地域気象観測システム。日本全国約1,300ヶ所に設置した無人の観測所から、自動的に気象庁内の地域気象観測センターに集信される。

アメダスの由来・語源

アメダスは、「自動気象データ収集システム」を意味する英語「Automated Meteorological Data Acquisition System」を略して頭文字を取り、「AMeDAS」としたものである。
アメダスは降水量を観測するほか、気温・風向・風速・日照時間も観測している所が多く、の多い地域では積雪量も観測されている。

「アメダス」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。