蚊帳/かや

蚊帳の意味

蚊帳とは、の夜、に刺されないよう四隅を吊って寝床をを覆う道具。

蚊帳の由来・語源

蚊帳は「蚊屋」とも書くとおり、語構成は「か(蚊)」+「や(屋)」で、「蚊を防ぐ」の意味。
漢字の「蚊帳」には、「かや」のほか「かちょう」や「ぶんちょう」の読みがあり、「ぶんちょう」の「ぶん」は漢音で、漢字の「蚊」の由来にも通じる。

八世紀初頭の『藩磨国風土記』には既に「蚊屋」の文字が見られ、古くから蚊帳が用いられていたようだが、麻や木綿などで作られたを四隅から吊るようなものではなく、の蚊屋はを組んで布を垂らしたものであった。
本格的に蚊帳が作り始められたのは、奈良時代以降。一般に普及したのは、室町以降である。

殺虫剤が普及したことで、蚊帳は用いられなくなってきた。
しかし、殺虫剤は虫を殺すばかりでなく、アトピーなど人間にも害があることや、ベッドでも使えるタイプやテント型も作られるようになったことで、その良さが見直されるようになってきている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。