八百長/やおちょう

八百長の意味

八百長とは、事前に勝敗を示し合わせ、勝負をつけること。

八百長の由来・語源

八百長は、明治時代の八百屋の店主 長兵衛(ちょうべえ)の通称「八百長」に由来する。
長兵衛は、相撲の年寄 伊勢海五太夫の碁仲間であった。
碁の実力は長兵衛が勝っていたが、商売上の打算から、わざと負けたりして勝敗をうまく調整し、伊勢海五太夫のご機嫌をとっていた。
のちに勝敗を調整していたことが発覚し、わざと負けることを相撲界では「八百長」と言うようになった。
やがて、事前に示し合わせて勝負する意味も含まれるようになり、相撲以外の勝負でも「八百長」という言葉は使われるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。