蜃気楼/しんきろう

意味

蜃気楼とは、下層大気の温度差などで空気の密度差がある、光の異常屈折により、見えないはずの物体が見える現象。海上や砂漠で起こる。日本では富山の魚津海岸で見られるものが有名。貝櫓。海市。

蜃気楼の語源・由来

蜃気楼の「蜃」は、大ハマグリのこと。
「気」は「息」、「楼」は高い建物のこと。
古代中国では、大ハマグリが空中に吐いた息によって描かれた楼閣と考えられていたことから、このような現象を「蜃気楼」と呼ぶようになった。

蜃気楼の別名・類語

貝櫓/貝楼/海市/蜃市/なでの渡り/狐の森/空中楼閣/乾闥婆城/ミラージュ/喜見城/善見城/山市/狐館/狐棚/蓬莱島/蓬萊山/上位蜃気楼/ビンスの現象/四角い太陽/ノヴァヤゼムリャ現象/下位蜃気楼/モンジュの現象/逃げ水現象/逃げ水/地鏡/浮島現象/浮き島/島浮き/浮景/鏡映蜃気楼/側方蜃気楼/不知火/陽炎

TOP