護摩の灰/ごまのはい

護摩の灰の意味

護摩の灰とは、、旅人の姿に扮して旅客の金品をまき上げた泥棒ごまのはえ

護摩の灰の由来・語源

護摩の灰は、密教で護摩木を焚いてに祈る「護摩」で燃やすの灰のこと。
高野聖(こうやひじり)のいでたちで、「弘法大師の護摩の灰」と偽って押し売りをして歩いた者がいたことから、騙して売る者や押し売りをする者を「護摩の灰」と呼ぶようになった。

「護摩の灰」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。