キリン/麒麟/きりん

意味

キリンとは、キリン科の哺乳類。首とがきわめて長く、頭頂に角をもつ。・黄褐色で、網目状の斑紋がある。

キリンの由来・語源

キリンは、もともと古代中国の伝説上の動物「麒麟」のことを指した。
に似て、鹿身体があり、尾は、ひづめは、角が一本生えているというものである。
中国では聖人が出て良い政治を行うと、麒麟が現れるとされていた。
麒麟の漢字を分けると、「麒」は「雄」、「麟」は「雌」を指しているといわれる。

実在する哺乳類のキリンは、英語名で「ジラフ(giraffe)」と言う。
日本にキリン(ジラフ)が伝わった際、「ジラフ」の呼称も入ってきたが、初めて見る奇妙な動物に驚き、ジラフに想像上の動物である「麒麟」の名が当てはめられたため、日本では「キリン」と呼ばれるようになった。

麒麟

中国の伝説に登場する神獣の「麒麟」


TOP