人間/にんげん

    意味

    人間とは、ひと。人類。人柄。人物。

    人間の由来・語源

    人間は、仏教語でサンスクリット語「mamusya」の漢訳。
    仏教語としての「人間」は、「世の中」「世間」「人の世」を意味した言葉で、「人間」に「」そのもの意味が加わったのは江戸時代以降である。

    「人間」を「にんげん」と読むのは呉音。
    漢音では「じんかん」と読む。
    一般に「人」を表す場合は「にんげん」、「世の中」の意味で用いる場合は「じんかん」と読み分けられることが多いが、この読み分けに特別な理由は無く、「世の中」の意味で「にんげん」と読んでも間違いではない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。