ケレン味/外連味/けれんみ

ケレン味の意味

ケレン味とは、はったりを利かせたり、ごまかしたりすること。

ケレン味の由来・語源

ケレン味の「ケレン」は、江戸末期、歌舞伎で宙乗りや早替りなど、大掛かりで奇抜な演出をいった演劇用語から一般に広まった言葉
それ以前は、他流の節で語ることをいった義太夫節の用語で、「正統でない」「邪道だ」の意味を含む言葉であったことまでは分かっているが、語源は未詳である。
「ケレン味」が用いられるようになったのは近代以後のことで、「ケレン味のない文章」というように「ない」を伴ない用いることが多い。
「ケレン味」の「ケレン」の漢字「外連」は、当て字である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。