畳鰯/たたみいわし

意味

たたみいわしとは、カタクチイワシの稚魚を海苔のように漉きあげ、天日で干した板状の食品。軽く火にあぶって食べる

たたみいわしの語源・由来

たたみいわしは、縦横に何匹もくっついた姿が、を並べたように見えるため名付けられた。
たたみいわしを火にあぶると黄色くなるため、ますます畳に似てくる。

たたみいわしの類語・言い換え

しらす干し/ちりめんじゃこ/ちりめんざこ/シラス/カエリ/ややとと

TOP