大袈裟/おおげさ

    意味

    大袈裟とは、物事やを実際以上に誇張するさま。必要以上に大きいさま。

    大袈裟の語源・由来

    大袈裟は、僧侶の着る法衣の袈裟に「大」が付いた語で、本来は「大きな袈裟」のことであった。
    おおげさの語源は、「大それた」や「大胆な」といった意味の「おおけなし(おほけなし)」と同源の「大気さ(おほげさ)」で、その音と意味が似ていることから、僧侶の着る「大袈裟」を使った表記になったとされる。
    一説には、臨済宗の開祖『栄西』が大袈裟を着て町を歩き、物の言い方も大きかったことから、必要以上に誇張することを「大袈裟」と言うようになったとする説もある。
    しかし、物事が必要以上に大きい意味で「大袈裟」が用いられたのは近世以降である。
    「大袈裟な話」というように、必要以上に大きな話で疑わしく感じられる意味が含まれるのは、更に後となるため、鎌倉初期の禅僧の言動が語源とは考え難い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。