博打/ばくち

意味

博打とは、金品を賭けた勝負をすること。成功の可能性は薄いが、思い切ってすること。

語源・由来

博打は、「ばくうち」と呼ばれていたものが変化し「ばくち」となった語。
「博」は、双六(すごろく)などサイコロを用いた遊びを意味し、金品を賭ける意味を含むことも多かった。
「打」は、古くから賭け事を行うことを意味する「うつ」である
同じ意味をもつ「博戯(はくぎ)」からの転とする説もあるが、このような音変化は他に類がないため定かな説ではない。
また、ばくちを「博奕」とも書くのは中国語からで、「ばくえき」「ばくよう」とも読む

類語・言い換え

博奕/賭博/賭け事/賭事/賭け/ギャンブル/博戯/勝負事/悪遊び/手遊び/手慰み/慰み事/袁彦道/大博打/奇偶/手張り/おいちょかぶトトカルチョパチンコ/パチスロ/スロット/カジノゲーム/宝くじ/競馬/競輪/競艇/オートレース/一六勝負/一か八かのるかそるか/乾坤一擲/出たとこ勝負/有る時勝負/てんぽ/てんぽの皮/賭ける/賭する/大勝負に出る/勝負に出る

TOP
テキストのコピーはできません。