伸るか反るか/のるかそるか

のるかそるかの意味

伸るか反るかとは、成功するか失敗するか、結果はわからないが、運を天に任せて思いっきりやるに使う言葉。主に勝負に出る時に用いる。「乗るか反るか」と書くのは間違い。

のるかそるかの由来・語源

のるかそるかの「のる(伸る)」は、「長く伸びる」や「真っ直ぐ伸びる」意味で、「そる(反る)」は「後ろに曲がる」意味する。
「のるかそるか」の語は、矢師の矢作りに由来する。
矢師が矢を作る時、「のため型」と呼ばれるの曲がりを直す物に入れ、竹を乾燥させる。
そこから取り出した竹が、真っ直ぐに伸びていたら矢として使えるが、少しでも曲がっていたら使い物にならず、捨てなければならなかった。
矢師が「のるかそるか(真っ直ぐ伸びるか曲がるか)」と、成否を気にしながら竹を取り出したことから、運を天に任せて思いっきりやることを「のるかそるか」と言うようになった。
物を賭けて勝負を決めることを「賭る(のる)」と言うことから、勝負的な意味合いが強まったともいわれる。

語源からも分かるとおり、漢字の表記は「伸るか反るか」で、「乗るか反るか」と書いたら意味が通じない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。