頭角を現す/とうかくをあらわす

意味

頭角を現すとは、才能・知識・技量などが他の者よりすぐれ、際立って目立つようになること。頭角を見す。

頭角を現すの語源・由来

頭角を現すの「頭角」は、「の先」や「の角」のこと。
獣の群れの中で、頭の先が他のものより抜きん出て、一際目立つ意味から生まれた語。
出典は、韓愈の『柳子厚墓誌銘』にある「嶄然として頭角を見す」で、「あらわす」の漢字は「現す」もしくは「見す」と表記する。

頭角を現すの類語・言い換え

頭を擡げる/頭を現す/かしらを持ち上ぐ/嶄然として頭角を現す/存在感を増す/プレゼンスを高める/プレゼンスを増す/抜きん出る/目立ち始める/目立ってくる/目立つようになる/脚光を浴びる/表舞台に出る/台頭する/躍り出る/のし上がる/のしてくる/急成長する/飛躍する/躍進する/活躍する/力を伸ばす/飛び出す/他を引き離す/嚢中の錐

TOP
テキストのコピーはできません。