渡りに船/わたりにふね

意味

渡りに船とは、必要なものや、望ましい条件が都合よく揃うことのたとえ。

渡りに船の語源・由来

渡りに船は、川を渡ろうとする時に、渡し場に都合よくがいるというところから、必要なものが揃ったり、望ましい状態になったりして好都合なことをいうようになった。
仏教の書物『法華経‐薬王品』にある「如子得母渡得船」が出典といわれ、古くは「渡りに船を得たる」や「渡りに船を得る」と言うことが多かった。
「船」は「」とも書く

「渡りに船」の類語・言い換え

1

2

TOP