竹光/たけみつ

竹光の意味

竹光とは、を削って刀身とし、のように見せかけたもの。切れ味の鈍い刀をあざけっていう語。

竹光の由来・語源

竹を削って銀箔やアルミ箔を貼り、光り輝く刀のように見せたところから「竹光」と呼ぶわけではない。
「光」は、「吉光」や「兼光」「国光」など、名高い刀匠の名に多くつけられていたものである。
竹光は、洒落ぎみにその「光」をつけた造語である。
竹で作られているため、竹光は本物の刀のように切れるわけがないことから、切れ味の悪い刀も「竹光」と呼ばれる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。