藪から棒/やぶからぼう

藪から棒の意味

藪から棒とは、何の前触れもなく唐突に物事をすること。

藪から棒の語源・由来

藪から棒は、「藪から棒を突き出す」の略。
草木が群がる藪は中が見えず、何がいるか分からない。
その藪からを突き出されると、非常に驚くため、意表をついた行動をすることの喩えとして、「藪から棒」と言うようになった。
江戸中期の浄瑠璃『鑓の権三重帷子』に、「藪から棒と申さうか 寝耳に水と申さうか」の例が見られる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。