カワヤナギ/川柳/かわやなぎ

    意味

    カワヤナギとは、ネコヤナギの別名。川楊。上質な番茶。せんりゅう

    カワヤナギの由来・語源

    カワヤナギは、川辺に生えるのことで、特に「ネコヤナギ」の別名として用いられるが、川辺に生える柳であれば他の種に用いることもある。
    上質な番茶が「川柳」と呼ばれるのは、茶葉を柳に見立てたもので、単に「柳(やなぎ)」と呼ぶこともある。
    短詩の「川柳」を「かわやなぎ」と呼ぶのは「川柳」の訓読みで、植物のカワヤナギとは関係ない。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。