羊羹/ようかん

    意味

    羊羹とは、餡に砂糖を加え、蒸したり寒天を入れて固めた棹物の菓子

    羊羹の由来・語源

    羊羹は、鎌倉時代以降、禅宗とともに日本に伝わった。
    中国では文字どおり「羊肉の羹(あつもの)」で、を入れたお吸い物を意味する。
    中国で日本の羊羹と似た食べ物には、羊の肝に似せた小豆と砂糖で作る蒸しの「羊肝こう」「羊肝餅」がある。
    羊肝こうが日本に伝来した際、「肝」と「羹」の音が似ていたことから混同され、「羊羹」の文字が使われるようになった。
    古くは中国の製法どおり蒸したものであったが、茶道の繁栄に伴い、寒天を加えた「練り羊羹」が作られるようになった。
    やがて地方名物となる岐阜県大垣市の「羊羹」や、長野県小布施の「羊羹」などが作られるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。