筆/ふで

意味

筆とは、軸などの柄の先に動物のを束ね、や絵の具を含ませて文字や絵をかくのに用いる筆記具。また、筆記具の総称。

筆の由来・語源

筆は奈良時代以前から使われる筆記具で、古くは「文手(ふみて・ふみで)」と言った。
「文手」の「」は手紙などを意味し、「」は書くことを意味する。
「ふみで」や「ふみて」が「ふむで」となり、「ふで」となった。
平安中期の辞書『倭名類聚鈔』には「布美天」とあり、平安末期の辞書『類聚名義抄』には「フテ」「フムデ」「フミデ」とある。


TOP