蘊蓄/薀蓄/うんちく

意味

うんちくとは、研究を重ねて蓄えた深い知識。

うんちくの語源・由来

「蘊(薀)」も「蓄」も「たくわえる」を意味する。
19世紀前半には「蘊蓄し」のように「する」を付けて用いられ、知識に限らず「蓄える」の意味で「うんちく」は用いられた。
「蘊蓄を傾ける」「蘊蓄を傾注する」など、蓄えた知識を出す意味での使用が多くなったのは、19世紀後半からである。

「うんちく」の類語・言い換え

1

2

TOP