靴下/くつした

靴下の意味

靴下とは、を履くなどに、にじかに履く衣料。

靴下の由来・語源

靴下は靴の下に履くものではないため、「靴中」や「靴内」の方が正しいようにも思える。
しかし、この「下」は縦ラインで見た位置関係ではなく、表に見えない内側の意味である。
「下着」や「下心」も、内側の意味で「下」が使われている。
古くは「足袋」の語が主に使われていたが、明治時代、日本人の衣服が和服から洋服へ変わっていくのに伴い、「靴下」の語も広まっていった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。