目/眼/め

意味

目とは、物を見る働きをする器官。まなざし。目つき。視力。

目の語源・由来

目の語源は、「ミエ(見え)」の変化や「ミ(見)」に通じる語など、「見」の意味とする説が多く、妥当と思われる。
ただし、「め」よりも古く「まなこ」が使われていた可能性も高いため、「目」の意味で「ま」が使われ、変化して「め」になり、「ま」は複合語の中でのみ用いられるようになったとも考えられる。

目の類語・言い換え

物を見る働きをする器官の目

アイ/まなこ/眼目//眼球/目玉/目の玉/目ん玉

物を見るときの目のようす

目つき/まなざし/視線/目線/目遣い/まなこい/眼光/炯眼/目力/見方/見様

物を見る機能、能力の目

視力/眼力/目性/ビジョン/視野/視界

関連リンク

TOP